FC2ブログ
 

Nikon D600

Nikon D600
D600s.jpg
カメラ新規購入しました。
正義の使者Nikon D600であります。
体力が衰えてきたのかD3がとても重く思えるようになってきましたので、少しでも軽くと思いましてこれに決定。
しかし実際にこの新謎のレンズ(24-70mm f/2.8G)を付けると、さらにストロボを付けると………
ずしりと重い。
確かにD3と比べて持てばいくぶん軽いかなと思えますが、これのみだと「変わらんやないかっ」というほど重い。
レンズキットについている50mm f/1.8Gで外付けストロボ付けなければ軽いというところでしょうか。
なんかまだまだ腕がつりそうな気がしてきました。

で、検討機種としては他にD4、D800も考えましたが、
現在D3を使っていまして、これがあればD4は必要ない。
私の仕事内容からしてD3からD4に乗り換えなければならないほどのスキルアップがあるとは思えない。
D1XからD3へというのはDXフォーマットからFXフォーマットへ、大幅なISO感度の許容粋拡大等々がありまして価値あったのですが、D3からD4ではそれほどの変革が無い。
タイミングとしては次期のD5あたりでまたD5ショックと言われるほどの変革がありそうなので、その時に一桁を購入するかなと思います。
それまではD3とD600で万全でありますかと。

D800も考えましたが、これまた私の業務内容からして36.3メガピクセルは必要無い。
どころか撮影後の画像処理の際の読み込み時間が長かったりデータが重かったりといらいらしそうでやってられん。
と思ってましたてところ、ちょうど頃合いのD600が発売され、周囲で購入した人達の評価やインプレッションを聞きましたところ、これやなと思った訳です。

まだテスト撮影もしていませんので撮影インプレッションは後ほどにさせていただきますが、手に持った感触としては、
三桁機も随分高級化してきたなという印象です。
最初のD100はオモチャかいなという質感でしたがD600はボディの高級感の演出が上手く、一桁機かいなという手触りであります。
ちょいと機嫌良く、私の新専属モデルを連れて長居公園にでも行ってこようかなと思っております。



Nikon Coolpix P7700
coolpix7700s.jpg
コンデシも買い換えました。
これまた同じく正義の使者Nikon P7700であります。
これまで使っていたP50と比べますと、ふた回りほど大きく、倍ほど重い。
これがコンデジか? と思えるほどでかい。
私が一番最初に買ったコンデジのフラッグシップと言われたCoolpix5000を彷彿とさせる大きさ重さです。
なんか手軽に片手でひょいとというイメージではありません。

レンズの口径が大きくなったという事で明るくなり絞りも明るい側に一段増えたという事らしいです。
しかしそれによってP7100までのレンズバリアー方式がなくなり(径が大きくなったので仕掛けが出来なくなったのか)、レンズキャップ方式になっている。
これがなかなか邪魔くさい。
P50だと片手でひょいと持ってスタートボタンを押すとバリアが開き、片手のままですぐ撮れた。
しかしP7700だと片手で持ってスタートボタンを押す前にもう一方の手でまずレンズキャップを取り、そのキャップを片手で持ったまま(ホールドが悪くなる)、あるいはポケットに入れてから(時間がかかる)、撮影に入る、という手順になります。
なんかコンデジの手軽さがなくなった気がするなあ。

これまたまだ本格的に撮影していないのでインプレッションは出来ないのですが、テスト撮影ではなかなか驚きましたな。
なにせピックアップが早い。
これまで私が使ったコンデジはスタートボタン(あるいはレバー)を押してからうぃーーーんといって撮影出来るまでに何秒かかかりましたが、これはボタンを押した瞬間にポンッという感じですぐに撮影出来る状態になります。
なんという早さかっ。
ビューモニターはでかいし明るいし、なんとピントの山の確認まで出来る。
マニュアルモードも充実していて使いやすい。
これはコンデジじゃなくてレンズ交換出来ないミラーレス一眼に近いのではないかと思いますね。
というかプロのサブ機に近い位置づけなんかなあとも思えますなあ。
現場でメイン機がトラブッても安心かな。

私はいつもコンデジはソフトケースに入れてベルトにつけて歩いているのですが、
なんとっっっ、P7700には専用のソフトケースが市販されていないっっっっ!!
純正ケースはあるのだが、カメラの形をしたハードケースでベルトにつける事が出来ず、首や肩にかけて持ち歩くタイプであり、あんな大層なもん持ち歩けるかいっ、という代物。
このへんからもメーカーはこのP7700を手軽なコンデジという位置づけしていないのが判ります。
でかいからこれまで使っていたP50のケースには入らない。
困ったなと思っていましたが、だーーーいぶ前に使っていたフィルム機Canon AuteBoyのケースがなんとぴったりっ(写真下)。
これでベルトにつけて撮影会に臨めるわいと、まずは一安心。

コメント一覧

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

憂想堂

憂想堂:

かつてニフティサーブでSpecial Photo Galleryフォーラムを開設し、多くの仲間に恵まれました。

そしてインターネットにてSPG(Special Photo Gallery)を開設し、現在に至る。

活き活きとした人物像を撮るのが好きでLive Actionのタイトルで数々の写真集を撮っています。

こちらではポートレートを主体にした作品を展示していきます。

メインで撮っていますヌード作品と平行して見ていただければ幸いです。

メニュー

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示